全国美術館ガイド一覧

美術館の魅力がわかるガイドブックをご紹介

ここでは、美術館巡りに役立つ、美術館ガイドとしての役割を担った書籍やムックをご紹介します。ともすると、開催される企画展や特別展の観点からその美術館の良否を判断しがちですが、その美術館の個性や本当の実力はコレクションを見ればわかる、という意見もあります。

 

確かに、美術館巡りをしていると、その美術館特有の個性というものが見えてきます。それは、コレクションの内容であったり、建物の特徴であったり、美術館に漂う雰囲気であったり、さまざまな理由があります、しかし、最終的にはその美術館を運営している館長を始め、学芸員やスタッフ、ボランティアたちの総合力が美術館の雰囲気を決めているように思えます。ここでご紹介する書籍を参考に、個性豊かな美術館巡りを楽しんで下さい。


表紙 タイトル
フランス人がときめいた日本の美術館(ソフィー・リチャード/著、山本やよい/翻訳)
日本美術をこよなく愛するフランス人の美術史家、ソフィー・リチャードが選んだ 「本当に訪ねる価値のある」美術館のガイドブック。根津美術館や原美術館のようなよく知られた美術館だけでなく、河井寛次郎記念館のような、 規模は大きくないが日本文化を知るのに最適な美術館を紹介。(アマゾンの内容紹介より抜粋)
企画展がなくても楽しめるすごい美術館(藤田令伊/著)
美術館は企画展だけじゃない! 所蔵品、建築、作家性がすごい美術館を60館厳選!! 世界文化遺産登録が決定した「国立西洋美術館」も収録! 一度は行きたい美術館をジャンル別に徹底紹介! 写真、データも満載。美術鑑賞はもちろん、会社帰りや休日、旅行のお供にできる、美術館ガイドの決定版!(アマゾンの内容紹介より抜粋)
企画展だけじゃもったいない 日本の美術館めぐり(浦島茂世/著)
著者はロングセラー「東京のちいさな美術館めぐり」浦島茂世さん。丁寧な解説と全ページカラーの写真で美術館常設展の魅力を余すとこなく紹介。 もちろん、ガイド書としての機能性も豊富で これ1冊で日本中の名画探訪が可能です。(アマゾンの内容紹介より抜粋)
東京のちいさな美術館めぐり(浦島茂世/著)
これまでのガイド書や雑誌では紹介しきれなかった東京近郊(関東近辺)の個性的な美術館ばかりを掲載。掲載美術館数はこだわりの106館。各美術館のミュージアムショップやグッズ紹介のみならず、隣接のカフェなどのプラスαの情報も豊富な写真とともに紹介。もちろん地図などのアクセスデータも全美術館掲載しています。全ページオールカラー。(アマゾンの内容紹介より抜粋)
カフェのある美術館 素敵な時間をたのしむ(青い日記帳/監修)
これまでに類書がなかった、カフェに惹かれて行きたくなる美術館のガイド本です。カフェの特徴別に、レトロな雰囲気、緑と陽だまりが素晴らしい、個性的なたたずまい、料理が美味しい、22の美術館(コラム扱いの施設を含めると29か所)をじっくり紹介しています。展覧会を巡った後は、お洒落なカフェでアートの余韻に浸る…。至福の時間を過ごすための情報満載。(アマゾンの内容紹介より抜粋)
美術館へ行こう: ときどきおやつ(伊藤まさこ/著)
いつも通っているところ、気になっていたところ。北海道から鹿児島まで、個人美術館から文学館まで。人気スタイリストが、全国各地の、街に馴染んだ、居心地のよい、24の小さな美術館をご案内します。お土産やカフェなど、鑑賞後のおたのしみもあわせて。のんびりしに、気分転換に、元気をもらいに、ちょっと美術館まで。(アマゾンの内容紹介より抜粋)