美術展情報誌

美術展覧会情報誌(雑誌&ムック)のご紹介

ここでは、最新の注目美術展覧会情報を特集している雑誌&ムックをご紹介します。多くの公立美術館では、毎年3月頃に次年度の年間計画を公式発表しますが、それに先立ち、前年の11月末頃から各出版社は先を競うように最新の展覧会情報を掲載した情報誌を発売しています。それ以外にも、秋冬号を発売している雑誌&ムックもあります。(ムックというのは、雑誌と書籍を合わせた性質を持つ刊行物のことです)

 

代表的な展覧会情報誌は以下のとおりです。

『美術展ぴあ』シリーズ(ぴあ株式会社)
※複数のタイトルがあり、圧倒的な人気を誇るシリーズ

『日経おとなのOFF』美術展シリーズ(日経BP社)
※『日経おとなのOFF』の休刊に伴い『日経トレンディ』増刊号として復活

『時空旅人別冊』美術展シリーズ(三栄書房)
※『大人が観たい美術展』『必ず観たい注目の美術展』シリーズを発刊

『美術館完全ガイド』シリーズ(普遊舎)
※2019年版は関東圏の情報に特化していたが、2020年版は全国情報が掲載


表紙 タイトル
(雑誌、2021/2/12)
今、見ておきたい! 2021年美術展65 絶対に見逃せない美術展8 鳥獣戯画展の見どころを一挙解説! コンスタブル展/吉田博展/三菱の至宝展/渡辺省亭展/あやしい絵展/モンドリアン展/トライアローグ展 美術館で自然を愛でる 足立美術館(島根県)/ポーラ美術館(神奈川県)/岡田美術館(神奈川県) 2021美術展年間カレンダー
(ムック、2020/12/22)
2021年、絶対に観たい美術展100展をご紹介。巻頭特集では、美しい英国の原風景を描いた巨匠「コンスタブル展」、オルセーからモネの名画の数々が来日する「クロード・モネ ―風景への問いかけ」、四巻を一挙公開する「特別展『国宝 鳥獣戯画のすべて』」など、いま編集部が特に注目する美術展23展の見どころをわかりやすくご紹介。「おすすめ美術展ガイド」では、全国で開催される西洋美術・日本美術・現代アートほかの美術展77展を徹底ガイド! また、「美術館スケジュール」はセンター両観音8P分で、全国46の主要美術館の1年間のスケジュールを掲載しています。こんな時だからこそ、美しいアートを楽しんでみませんか?(出版社の商品説明より)
(雑誌、2020/12/9)
●21年美術展、これは見逃せないベスト5~山下裕二先生×山田五郎さん対談 ●風景画が"主役"を勝ち取ったわけ ●カラバッジョの大作「キリストの埋葬」 参列者は誰? ●英国王室肖像画「女王」ヒストリー ●20世紀近代絵画に新しさを持ち込んだ2大巨匠 ●BANKSYだけじゃない! 現代アート見ておきたい5選 ●「鳥獣戯画」の遺伝子 ●21年、聞き逃せない注目のコンサート!
今年も【豪華三大付録付き】【付録1】 名画クリアファイル、【付録2】 2021年美術展ハンドブック、【付録3】 2021年名画カレンダー(出版社の商品説明より)