美術展情報誌一覧

美術展覧会情報誌(雑誌&ムック)のご紹介

ここでは、最新の注目美術展覧会情報を特集している雑誌&ムックをご紹介します。多くの公立美術館では、毎年3月頃に次年度の年間計画を公式発表しますが、それに先立ち、前年の11月末頃から各出版社は先を競うように最新の展覧会情報を掲載した情報誌を発売しています。それ以外にも、秋冬号を発売している雑誌&ムックもあります。(ムックというのは、雑誌と書籍を合わせた性質を持つ刊行物のことです)

 

代表的な展覧会情報誌は以下のとおりです。

『美術展ぴあ』シリーズ(ぴあ株式会社)
※複数のタイトルがあり、圧倒的な人気を誇るシリーズ

『日経おとなのOFF』美術展シリーズ(日経BP社)
※『日経おとなのOFF』の休刊に伴い『日経トレンディ』増刊号として復活

『時空旅人別冊』美術展シリーズ(三栄書房)
※『大人が観たい美術展』『必ず観たい注目の美術展』シリーズを発刊

『美術館完全ガイド』シリーズ(普遊舎)
※2019年版は関東圏の情報に特化していたが、2020年版は全国情報が掲載


表紙 タイトル
(雑誌、2020/02/13)
英・ロンドン、米・ボストンの名画から江戸、現代それぞれの奇才が集結! ロンドン・ナショナル・ギャラリー大特集。絶対に見逃せない2020年美術展80。【西洋美術】理想を追求し続けたモネとマティス。ハンガリーのモナ・リザが来日!【日本美術】自由奔放江戸絵画の奇才たち。ボストンから国宝級絵巻物の里帰り【近・現代美術】ポップ・アートの巨匠ウォーホール。型破りなアーディスト・バンクシー。取り外せる!!2020美術展年間カレンダー付き!(出版社の商品説明より)
美術展ぴあ2020 (ぴあ MOOK)
(ムック、2019/12/23、ぴあ)
2020年に開催される美術展から、編集部が特に注目する6展を大特集! そして、2020年は美術館のオープンラッシュ! 新開館の美術館から、話題の「アーティゾン美術館」「SOMPO美術館」など9館をご紹介。さらに西洋美術/日本美術・東洋美術/現代アートほかの「おすすめ展覧会ガイド」、主要美術館の1年間の展覧会予定がわかる全国101館の「美術館スケジュール」、切り取っても使える巻頭折込「美術展カレンダー」など盛りだくさんの内容です。(アマゾンの商品説明より抜粋)
美術の窓 2020年 1月号
(雑誌、2019/12/20、生活の友社)
毎年恒例の新春企画! 2020年に開催される展覧会250件を紹介。2019年に開催された展覧会の入場者数ランキングや絶対に行きたい新アートスポット、芸術祭などのアートイベント情報も。★特別展「きものKIMONO」(4/14~6/7・東京国立博物館)とコラボしたオリジナルふせんを応募者全員にプレゼント! ★今回「美術の窓」初の試みとして、招待券プレゼントに当選した方にも外れた方にももれなくオリジナルグッズ(非売品)をプレゼントします。(アマゾンの商品説明より抜粋)
日経トレンディ2020年1月号増刊 日経おとなのOFF 2020年 絶対に見逃せない美術展
(雑誌、2019/12/6、日経BP)
2020年オリンピックイヤーは、美術館・博物館も日本の文化力発信のために、ありったけのエネルギーをつぎ込んで熱い美術展が繰り広げられます。その見どころを熱血解説!今年も、名画クリアファイル、美術展ハンドブック100、名画カレンダー、の豪華三大付録付!(アマゾンの商品説明より抜粋)
【完全ガイドシリーズ263】美術展完全ガイド2020 (100%ムックシリーズ)
(ムック、2019/11/26、晋遊舎)
「完全ガイドシリーズ263 美術展完全ガイド2020」 年度版(アマゾンの商品説明より抜粋)

芸術新潮 2019年 12 月号 芸術手帳2020付
(雑誌、2019/11/25、新潮社)
これだけは見ておきたい2020年美術展ベスト25(アマゾンの商品説明より抜粋)