「特別企画展 仲野壽志 版画展 -輪廻・生への対話-」(森の風美術館、9/1~9/29)のレビュー&感想

兵庫県立三木山森林公演内にある森の風美術館で開催されている「仲野壽志 版画展 -輪廻・生への対話-」(会期:2019年9月1日~9月29日)に行ってきました。

「仲野壽志 版画展 -輪廻・生への対話-」(森の風美術館)

 

仲野壽志(なかの ひさし)さんは、美術団体「春陽会」(東京)の会員で、現在、兵庫県南あわじ市にアトリエを構えておられます。当日は展覧会場にもおられて、来館者に作品の解説をされていました。私が行ったときは、版画制作の手順を解説しながら、色を重ねることによって生まれる効果について話されていました。

 

館内には、1969年から2019年の最新作まで、幅広い制作年代の作品が展示されていました。初期の作品は、エッチングやアクアチントを用いて、かなり緻密で神秘的な作品を制作されていました。作品タイトルには、輪廻や生、ニルヴァーナなど、仏教的な用語を援用されており、思想的な深みをもった作品となっていました。

 

そして、それらは《宙のかけら》シリーズなど、一見抽象絵画的にも見える作品へと昇華し、それが、鮮やかな色彩を伴った花の作品へと成長しているかのようでした。こうした異なる時期に制作された作品であっても、作品の背景には、いつも輪廻や生といった時間を伴ったテーマが内包されているようです。



はじめよう!木版画―季節の便りで身につく13のテクニック
一見むずかしそうにみえる技法も、実はちょっとした工夫に秘密あり。初めて木版画を作る人でも、身近な年賀状や四季の便りを通してすぐに挑戦できるテクニックを、やさしく丁寧に紹介する絶好の入門書。
2019年09月30日|カテゴリー:2019年9月投稿, 展覧会